日本では物珍しいライ麦パンを食べてみたときのお話

わずか立ち寄ったカフェにライ麦パンというちょこっと物珍しいパンが売っていたのでわずか買ってきて食べてみました。

装いは普通の食パンよりも僅かカラーが灰色という直感。
食べると、普通の商品よりもパンが乾燥していらっしゃる感じでぱさぱさ特別る感触が特徴的でした。
テーストについてはもっぱら食べると、大層麦って感じのテーストが伝わってきてデザートはそこまで力強いような感じです。
焼いてみると一段と乾燥した感触が一層楽しめるものであり、乾燥していらっしゃるパンがお好きな人にはグングンおすすめです。
我々はこちらにジャムを塗って食べましたが、どうも口の間がの水分がなくなる感じがするものですから、水は所要でした。

邦人にはなんとなくなじみが無く、場違い可能性もあるかな?という直感もライ麦パンにはありますが、
何となく食さない物珍しいパンだっただけに、結構楽しめました。個人的には美味しかっただ。
ちょっと遠くにあるお業者でしたが、また買いに行こうかなと。キレイモ パックプラン