午後から、てくてくと歩き出して、駅に向かいしばらく待ちました。

てくてくと歩き出しました。今日は、駅が少し遠くに思えました。回数券を使いました。しばらく電車を待ちました。空いていました。座れて涼しくて、喜んでしまいました。
また、歩き出しました。病院が見えましたが、今日は行かなくて済んでいます。その点は、嬉しいです。
ハローワークで、パソコンで仕事の検索をしました。2件、これは前向きに検討しようかなというものを印刷しました。紙だらけにならないようにしています。この印刷代、紙代もおそらく税金に思いました。注意しました。
窓口で、聞かなければならないこと、聞きたいことを質問しました。結局、いずれも面接の予定は、入れませんでした。1件は、応募者が多くて、私なら交通費を理由に不採用になってしまうように、近くの人が採用になるように思いました。少し、賢くなりました。求人に飛びつかなくなりました。
私が感じの良い応対をされると思っていた人は、今日は、残念ながら見かけませんでした。日を改めると、いらっしゃるかもしれません。
また、ハローワークを出てからてくてくと歩きだしました。すると、信号があって横断歩道を渡りきる前に、銀色できらりと光るものがありました。屈んで拾ってみました。変形した1円玉でした。少しの変形だったので、交番に届けてしまいました。

顕微鏡のことと植物と葉のつきかたについて

顕微鏡のことなどについて修練しました。ふつうの顕微鏡では、50ダブルから1500ダブルくらいまで見ることができます。100ダブルの限界は、大きくて楽しいだ。400ダブルの限界は、小さくて暗くなります。顕微鏡分析の手順は、接眼レンズをのぞきながら、リフレクション鏡を調節して明るく当てはまるように行う。等級と対物レンズの間をじゅうぶんあけて、プレパラートを等級の上に置きます。脇から見ながら、等級と対物レンズを近づけます。等級と対物レンズの間をのんびり広げながら、思い切り言える職場で除けます(ピントを集める)。そして、しぼり板を回転させて資材が一心に映るように行う。次は、植物と葉のつきかたについて修練しました。ユリは、たがいちがいに葉がつきます。アジサイは、2枚の葉が向かい合ってつきます。ヤエムグラは、1つの節に3枚以上の葉がつきます。このようなことを修練しましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。