都内の知事を帰化された側にお願いするほど人物難ではないと思います

民進党の蓮舫くんが都知事選出馬すると恐らくは当選安心だろうと予想されているのですが、その導因がしばしばわかりませんでした。
詰まり参議院選挙での得票総和を都知事選の得票総和へと単純に平行移動すると当選ラインを軽く超えていたというダイアログなのではないかと思うのですが、
たまたま見ていたTVでアンケートをとってみた結果が誠に支持するユーザーが5百分率にも満たなかったので私もそういうもんだろうと溜飲が落ちる意識でした 。
アンケートの結果は参議院と都内都知事とは違うということをちゃんと見せるように思えました。
いかに開かれたナショナリズム日本であっても何もわざと都内都知事に帰化人のパーソンになってもらわなくても良いのではないかと思うのですが、あんまり人材が枯渇しているとも思いませんし、何より日本の首都の知事なわけですからそういった訳ありの方をお連れしなくてもよろしいのではというセオリーが順当のような考えがしました。
ですからあの簡略アンケート結果は適当なようでいて甚だふさわしい選挙成行を暗示しているように思えました。

復活の兆しがあるヤクルトが中日相手に3連勝です

プロ野球ヤクルトが昨日の中日戦において9点差で勝利し3連勝しました。
投手もアンダースローの山中投手が2点におさえ完投し,リリーフ陣を休ませる事が出来ました。
打線は1番の坂口選手が4安打,バレンティン選手が2本のホームラン,6番から8番までの下位打線が2安打ずつと波に乗ってきました。
あとは4番を打つ山田選手が完全復調すれば,上位チームに引けを取らない打線になります。
川端・畠山・雄平・大引各選手という従来のレギュラーがひとりでもケガから復帰すれば,層が厚くなり代打陣もレベルアップするので益々の上昇が期待出来ます。
元々ローテーションは確立していますから,今日からの敵地マツダスタジアムに乗り込んで行う広島3連戦に勝ち越せれば,本物と言えるでしょう。
勝負強さを持ち時々奇跡を起こすのがヤクルトというチームの魅力です。まだ試合数は数多く残っていますから,まず最下位脱出を目標にひとつずつでも上を目指して欲しいものです。